障害が残った場合

交通事故にあってしまい障害が残ってしまうことがあります。これに対する慰謝料を請求することは可能です。厳密な定義では、事故が発生してから6ヶ月経過しても症状に治る見込みがなく、医師から症状固定と診断された場合には後遺障害として認定されます。すべての後遺症が後遺障害となるわけではなくて、後遺症の中でも重いものを後遺障害といいます。

後遺障害等級認定後遺障害として認められるためには認定されなければいけません。後遺障害等級認定を受けることによって、保険会社に対して慰謝料を請求できるようになります。認定には等級というものがあり、1級から14級まで定められています。1級が一番症状が重いとされており、請求できる慰謝料の額も高くなるのです。

交通事故と後遺障害とに因果関係があることが大切です。そのため、客観的な証拠を得なければいけません。また、その障害によって仕事に影響が出ることが認められなければいけません。後遺障害の慰謝料については3つの基準が存在しています。自賠責基準と任意基準、裁判基準があり、裁判基準が一番高くなっています。第1級の裁判基準では慰謝料の額は2800万円となっています。このような高額な慰謝料を請求できるケースもあるのです。