入通院慰謝料

交通事故の慰謝料は後遺症が残った場合の慰謝料と死亡した場合の慰謝料、そして怪我をしたときの入通院慰謝料というものがあります。一番多いのは入通院慰謝料でしょう。これは交通事故によって怪我をしたことで入院や通院をしたときに請求できる慰謝料のことです。

入通院慰謝料入通院慰謝料は交通事故によって通院を強いられたことに対する精神的な苦痛を賠償するためのものです。したがって、入通院をした期間や怪我の部位、怪我の程度によって慰謝料の額は決定されます。苦痛が大きいと判断されれば、それだけ多くの慰謝料を請求することができるのです。

基準としては通院期間が1ヶ月間であれば弁護士基準は約30万円となっており、6ヶ月間の場合は約120万円となっています。ただし、あくまでも大まかな目安であり、細かな要素も考慮した上で慰謝料は決定されます。

通院期間というのは人それぞれ異なるでしょう。治療が必要かどうかを医師が判断して、通院が必要だと判断されればその期間について治療費や慰謝料を請求することは可能です。保険会社も独自の目安を決めているのですが、それにしたがう必要はないのです。もし長期に亘って入通院をするならば、弁護士に交通事故慰謝料請求依頼をするべきでしょう。