死亡した場合

もし交通事故で死亡してしまった場合は慰謝料はどのくらいになるのでしょうか。死亡してしまうと本人は慰謝料を受け取ることができません。慰謝料というのは建前としては本人の精神的苦痛に対して支払われるものです。この場合は、本人の受け取るべきだったお金を相続人が受け継いでそれを請求できることになっています。遺族が加害者と示談交渉をして、慰謝料請求ができるのです。

死亡事故死亡事故というのは高額な慰謝料が発生します。そのため、きちんと弁護士に相談をするべきでしょう。そうすることによって、できるだけ多くのお金を請求することができます。

死亡事故における損害賠償としては、積極損害と消極損害があります。積極損害というのは実際に発生した費用のことです。死亡するまでの治療費や入院費、葬儀費などです。そして、消極損害というのは、もし死亡していなかった場合に稼ぐことができた利益のことです。逸失利益や休業損害を請求することができます。これらに加えて慰謝料を請求することができるのです。

慰謝料としては被害者本人のものだけではなくて、遺族の分の慰謝料を請求することもできます。遺族慰謝料請求権者というものがあるのです。弁護士基準の慰謝料では2千万円から3千万円ほどが基準となります。